FC2ブログ
3月29日、桜パッと咲く
須磨2018
春カスミがかかる明石海峡。右は明石市、左淡路島岩屋。ちょと見えにくいが間が明石大橋
玄関を開けたとたんに、付近の桜が明るく飛び込んでくる、「桜の季節」になりましたわ。その春暖に誘われて、昨日、オッチャンは電車を乗り継いでとことこ須磨浦まで行ってきました

山陽電鉄「須磨浦公園」で降りたら公園の桜が七部咲き。花見の人も結構いて、そこでも中国語が耳に飛び込んでくる。こんなとこまで観光客が……。何処に行っても中国の人……。

午後一時に公園前の「海釣り公園」に入る。すこし糸を垂れてカレイでもと、思いましたが三時間何にもかからず。うん。今日は「春の海」を満喫したことに感謝して帰路に。(最近は満足できる釣りができません。釣れない海になったのか、オッチャンが下手なのか……)

ま、そんなこってす。



スポンサーサイト



3月21日 ああ寒い
2018年大和文華館
3月14日にはぽかぽかと温かく、オッチャンは奈良市の大和文華館まで絵画鑑賞?に出かけました。

「生命の彩(いのちのいろどり)」というテーマの美術展をめずらしく鑑賞に参じました。江戸末期の渡辺崋山や伊藤若冲のの珍しい墨画などを鑑賞して、庭の満開の梅を見たときには、もうすっかり「春やな」と思ったものでした。
もう温かいから絶対に「釣り」に行くぞと思ったものですが、その週末から、えらく寒い。

今週はというと、ずっと雨もよいやないか
なんか梅雨のような「雨」でっせ!それに寒い。菜種つゆは聞いたことあるが、桜が咲くころの「つゆ」かいなと思っているうちに関東では雪が積もっている所があるじゃんか。

どないなってますの……。思い通りにいかんものですな。
あほくさ……。

まあ、そんなこってす。
3月12日やっと春らしく
2018夢殿(先月20日に訪ねた中宮寺から法隆寺の夢殿を望む光景。この日は快晴で斑鳩散策には絶好の日よりでした。)

今日も朝は少し肌寒かったのですが、午後から快晴の天候でした。
どこかへ行きたい気分ですが、あいにく花粉症がまだ残っていて、気分は少しブルーです。

魚屋の店頭には春告げの魚が並んだり、カマスの子や白魚が結構高値で販売されています。
オッチャンはこの光景を見ると、これを「えさ」にして釣りをしてみたい気分になります。
今週は気温も高くなるようですし、ああ、釣りにゆきたいな──。

でも、いざ釣りに行っても、釣れないんですが、まあ、海を前にしてボーっとしたいんですな。
ああ、行きたい……。

ま、そんなこってす。


3月1日 春一番って、こわいですな。
三輪、鎮女池市杵島姫神社、鎮女池(しずめいけ)、ここでも「あん」しました。)

朔日(ついたち)参りに三輪神社へ
朝方から、強烈な風の音に起こされた。しかも無茶無茶暑い。後で聞いた話では、朝方が一番温度が高く17度もあったらしい
九時に家を出るときは結構寒かった。

さて、近鉄天理駅までは順調に行ったが、JR桜井線に乗り換えるために隣のJR天理駅に行ったら、「風のため不通」になっている。あちゃーー。11時ごろには動くやろ、という話であった。仕方なく駅前の喫茶店で時間をつぶす。もうそろそろ動くはず、と駅に行ったが、一向に動く気配なし。今度は、12時ごろには動くだろう、という話。ほんまかいな???。

そんなら、タクシーはどうやろと、三輪神社までの料金を聞きに行った人がいて、4000円までで行けるらしい。そこでJRの駅で三輪神社に行く人を募って、5人で相乗りして神社へ

いつも通り本殿で「アン」して、山の「お杉」(お榊用)をもらって狭井神社でお水を購入して帰途に着いたが、さあ、JR三輪駅でまたも一時間ほど待ちました。(タクシー相乗りした人と駅で会って、今度出会ったら、三輪山登山を一緒してくれと頼まれました)

待ちくたびれた一日でした。
ま、そんなこってす。
copyright © 2005 観音巡礼歴史雑感(若井万福・独りごと) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.