FC2ブログ
9月28日快晴、暑いで。

余りにも快晴である。まあ、9月としては、こんな天気なんだろうが、午後から急に暑くなった。
夕方の室内で、29度ある。扇風機をかけなければ暑い。

快晴なので、釣りに行こうか迷ったが、何かしら眠いのでやめた。眠いのは持病みたいなものだ。これまでの人生ずっと眠かった気がする。
午前中買い物のついで宝くじを買い、さらにコンビニで週刊誌を買う。紀伊半島に「認知症」になる人が多い村があるという記事につられて買い求めた。読んでみたがよく分からない記事であった。認知症とパーキンソン氏病になり死ぬ人が多い村だという。昔から村の人は風土病といっていたらしい。グアム島にも同じような風土病が多いらしく、大昔に紀伊半島の村とグアム島と何らかのつながりがあるのかも……、というくだりはちょっと興味がそそられた。しかしそのつながりはよく分からないらしい。

うちの母親もパーキンソン氏病になって手が震えていたが、ホルモンのドーパミンに関係あると考えて、オッチャンは母親に睡眠用のホルモン剤「メラトニン」をアメリカから買い求めて飲ませたら治ってしまった。誰かこの研究をしたら解明できるのではないかと昔から考えているが、素人のオッチャンにはここまでが精いっぱいでしたわ。

今は亡き母親も行ったことのある真弓山長久寺がコンビニのそばにあったので寄って見ました。古ぼけた長久寺も快晴の下では神々しく映えていましたわ。ちょっと晴れ晴れとした気分になりました。
とりとめもなく)ま、そんなこってす。
スポンサーサイト



9月15日 名張市夏見廃寺 展示館行
来皇女名張大三重県名張市の夏見廃寺(なつみはいじ)展示館の斎王イメージフィギヤ。白と赤のコントラストが何となくなまめかしい)

以前から行きたいと思っていた名張市の歴史遺跡にようやくゆきました。飛鳥時代に悲運の皇子といわれる大津皇子の姉・大来皇女(おおくひめ)が、伊勢の斎宮から戻ってから、伊賀の名張郡に寺を建てて余生を送ったといわれているところ。

ここが皇女の遺跡だと推測される所以は薬師寺縁起に書かれているらしい。皇女が建てた寺は唱福寺というらしい。ただし特定できるだけの証拠もない。名張市内に寺跡の遺跡がここしかないので、ここが大来皇女の遺跡だとされた……。

一通り展示を見て、寺跡の丘に立ってみた。当時は本当の鄙であったろうと思われる山間の地とでもいうところであった。ここまで来るのに、電車を乗り換え乗り換えオッチャンは二時間かかった。ネットを見ていると関東から遠路訪ねて来る人もいるみたいです。

今日は結構暑かったのですが、丘を上り下りしてだいぶんに疲れましたわ。ま、そんなこってす。


9月10日 毎日雨や。
2015浜寝
なんか、連日雨が降りますな……。なんという年まわりなんですかね

オッチャンは毎日出かけようとすると雨が降り出して、出かける気がくじけてしまい、昼寝ですわ。
それに、昼寝しているけれど、なんだか眠たいんです

もっとも、オッチャンは若いころから「眠たい病」の体質なんです。ビタミンBが不足しているといわれたものですが……。
今日は朝から珍しく晴れていたので昼から「松尾寺」に「お水」をもらいに行こうと思っていたら、昼前から「」。

こうなったら雨でも行くぞ、と大和郡山市の松尾寺へ。
さすがに雨の松尾寺には参拝人はなし。お水を頂戴し、役行者像に「あん」して帰ってきました。
ま、そんなこってす。(関東では大雨で大変でしたな。皆さんのところは大丈夫?でしたか)

copyright © 2005 観音巡礼歴史雑感(若井万福・独りごと) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.