FC2ブログ
6月24日奈良、佐保路を歩く
海龍王寺法華寺の裏にある、海龍王寺の門。皇室の庇護を受けた法華寺の堂々たる佇まいとは大違い……。もともとは両寺とも藤原不比等の邸宅跡。しかも、一つの寺であったのに、いつの間にか二つに分かれた……)

梅雨晴れ間にしては夏のような陽気。思い立って奈良の「法蓮町」あたりの寺に行ってみたくなった。

暑いのに、おっちゃんもよう頑張るもんや……。吾にあきれながら、佐保路を行く。暑いので、バスで移動。

遣唐使僧玄さんゆかりの海龍王寺はこざっぱりした佇まいだが、「荒れ」が気になる。五千巻の経を唐から持ち帰った玄さんだが、藤原に嫌われて筑紫の観世音寺に左遷された。もともと、法華寺の経蔵であったところが海龍王寺になったらしい。

もうひとつ、在原業平ゆかりの不退寺の「荒れ」も気になった。平城遷都1300年祭といいながら、このような「荒れ」行く寺々はほったらかし。奈良の文化行政のお粗末さ……。

暑い中をそんなことを考えて歩いてました。

ま、そんなこってす。
スポンサーサイト



6月16日、マッサージ行く
かぼちゃの花 (かぼちゃの花が沢山咲いていますが、ほんまに実がなるのかなあ……)
雨で、自宅待機が多くなると、パソコンでゲームばっかり……。おっちゃんの目はしょぼしょぼして、すっきりしない。
うーん、これは肩こりだと、家で遠赤外線やら肩たたきで揉み解したが、一向によくならず。

これは、一回マッサージでもと、出かける。さすがに平日の午後はマッサージ店も暇そう……。
お姉ちゃんにぐいぐいやってもらって、帰ってきたが、まだもう一つすっきりしません
この肩こりは生来のものですな。睡眠してもぐっすり眠れないし……。

なんか、すっきりしない6月です

ま、そんなこってす。
6月9日暑いな
6.9トマト 
暑くなりましたな。夏ではなし、梅雨でもなし、なんか中途半端な季節ですな

中途半端な季節のせいか、近頃は眠たくて……。(何かにかぶれて、顔が腫れたのも、どうにかおさまりました。どう考えても、奈良の「大遣唐使展」に行ったから「かぶれた」と思えるが……。国立博物館の中に「漆」のエキスが充満していたのと違うか……!?

暑くなったので、家庭の野菜もどうにか伸びだしましたわ。トマトも沢山実をつけてきました。このまま順調に生育しますように。

梅雨になる前に、釣りに行きたいと思う、今日この頃……。

ま、そんなこってす。
6月1日映画「カティンの森」見る
葉のないきゅうり (順調に育っていたきゅうり。一夜のうちに葉が全部無くなった!虫が食べてしまったのだ。腹の立つこと……)
とうとう6月。早いもんでんな。
温かかったり、寒かったりしながら、もう6月ですがな。

しなければならないことも多いが、今日はやけくそで映画に戦時中のポーランドの悲劇、二万人ともいわれる将校が殺された事件。ドイツ軍の蛮行かソ連軍のしわざか……。先月にはこの悲劇の65周年の記念式典がロシアで予定されていたがポーランドの首相の乗った飛行機が墜落!なんか因縁めいたことでしたな
この映画を作った監督はこのストーリーの中に出てくる父親を殺された女の子、いや七十歳代の女性。自分の親のことを描いた映画。
ドイツ軍が敗れても、ポーランドは戦後からソ連軍の支配下に置かれたから、複雑なことやね

監督のアンジェイ・ワイダに共感できるな……。

ま、そんなこってす。
copyright © 2005 観音巡礼歴史雑感(若井万福・独りごと) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.