FC2ブログ
11月26日竹内街道歩く

竹の内街道大和と南河内を結ぶ旧竹内街道、明日香時代からの国道。古代の風情を残す道、前方は葛城山脈に向かっている)

11月下旬ではあるが、今日は暖かいということで、南河内郡の太子町に向かう。電車、バスを乗り継いで、二時間余りで近鉄『喜志』へ。

まず、聖徳太子の墓所のある叡福寺へ。そこから竹内街道の坂道を上り、孝徳天皇陵、道の駅、そこから下って用明天皇陵を散策。そこで、もうへとへと……。しかも,暑い。足は棒になる……。叡福寺に戻っておしまいにした。叡福寺の前には西方院という聖徳太子の乳母たちの寺を発見したところでバスに乗る。うーん、疲れた。

蘇我馬子?の墓というのも古い案内板に載っていたが、探す気力はなくなっていた。残念

まあ、暖かい一日、ひなびた光景の中を歩きましたわ。(それにしても、暑い。もうすぐ12月というのに。なんだか、変な気候ですな。大きな地震でも起こらなければよいですが……)

ま、そんなこってす。

スポンサーサイト



11月16日映画「クリスマス・キャロル」見る

浜ちゃんしっぽ (浜ちゃん、しっぽ見えてまっせ。コタツ入ると熱いし、入らなきゃ寒い。そんな季節でんな……)

いや、寒いです。遠出は暫く休みます。ということで、本日は映画へ庶民の生活を書いたイギリスの作家チャールズ・ディケンズの小説を映画化した『クリスマス・キャロル」、これを見ました。

実写とCGの融合ということですが、すべてCGのように見えました。150年前のイギリスが舞台150年前の小説もこのように映画化すれば面白いものですな寓話のファンタジー。まあ、そんなところです。3D版もあるようですが、普通版を見ました。
これから、正月にかけて面白そうな映画が沢山公開されますな。忙しなりそうですわ。

ま、そんなこってす

11月8日枚方宿散歩

枚方鍵屋菊花祭枚方宿、船宿鍵屋の菊展示。裏は淀川三十石船の船着場であった)

なんともよい天気。では散歩でもと、昼前に枚方へ。枚方パークでの菊人形展がなくなって3年。なんとも寂しいので、枚方宿界隈では菊花祭として、有志の軒先で菊を展示して、ジャズ祭りや他のイベントとジョイントしているというので、見に行く。

歩いているとぽかぽか汗ばんで暑い。11月とは思えない。結構な人出もあり街道は賑わっているが、惜しいかな菊花の展示数が少ない。まあ、ボランティアでやっておられることだから、仕方ないか……。

まあまあ、よい天気の中で、気持ちのよい散歩になりました。

ま、そんなこってす。

10月31日また歴史の勉強

高槻城高槻歴史博物館の高槻城復元模型、当時の高山右近のキリスト教会は城内にあったそうで、今は野見神社になっている)

先週に続き、歴史教室に行く。テーマ高山右近。大阪能勢の地侍のような身分からのし上がってきたのは、管理能力があったかららしい。管理能力に優れた者が戦国時代にはのし上がってきたのやね……。

右近の教会跡からは棺と骨が出土して、棺にはクルスが書かれていたこの遺骨の主は誰や……そんなよからぬことを考えながら受講しました

それにしても、歴史講座には『歴女』ではなくて「歴史熟女」も結構多い。それに、お互い知り合いの様子。歴史講座を通して知り合った連中?なんだか新しい種族が生まれているのやね。まあ、日本が平和ということか……。

ま、そんなこってス

copyright © 2005 観音巡礼歴史雑感(若井万福・独りごと) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.