FC2ブログ
6月27日トマト早くなれ

ベランダトマト(ベランダのトマト)

もうすぐ七月。ああ、早いもんですな。もう夏ですがな。我が家の夏野菜はなかなか採れません。野菜作りって難しいもんですな……。

きゅうりは屋根まで伸びたのにさっぱり収穫できまへん。土が悪かったのでしょうな。ベランダに植えたトマトだけが沢山実をつけましたが、一向に色づきません。やっぱり陽当たりがわるいのですかね……。

陽当たりのいいところに引っ越したい!向かいの家では野菜が沢山成ってるぞ!

ま、そんなこってす。うーん。

スポンサーサイト



6月17日大幸運!柳谷で「鹿」と出会う

柳谷の鹿(京都と大阪の県境で出会った鹿)

今日は快晴。梅雨はどこへ行ったのか……。柳谷観音さんのご命日ということで、9時半に長岡京のお山へ出発。
楊谷寺には今日も老老男女が沢山に参詣している。ご本尊さんに「アン」して独鈷水をいただいて帰る。

道中の大幸運は、道の真ん中に鹿がいたこと!二十年以上通っている道で初めて「鹿」を見ました。それがまたかわいい鹿。うーん。何か、良いことの前兆かな……。クルマを止めて見ていたら、鹿も恥ずかしくなって竹やぶに入りました。

ま、そんなこってす。(京都や大阪にも鹿がいたのですな。ほんまに。もしや、あれは観音さんの化身ではありますまいか……)


6月9日摂津の玉川

高槻玉川(摂津の玉川……)

先週は山城の玉川に行ったが、近くにも玉川があるのに気づいて行く。有名な六玉川の一つとか……。

自転車くって30分。ここが有名な玉川らしい。(ほんまかいなと通行人に聞くも、ここが「玉川の里」だと言う
うーん、ちょっとイメージが違う。工場と古い団地に挟まれて情けなさそうに流れている。うーん。往時の古跡も開発の波に洗われるとこうなるんですな……。それに、卯の花が見えない!卯の花を見に来たのに。もう開花の時期がすんでいるのだ。残念!

「卯の花や 暗きやなぎの およびごし」 芭蕉

ここで詠んだという芭蕉の句碑も荒れ果てて痛々しい。

ま、そんなこってす。


6月4日井手の玉水行き

井出の玉水

はや、6月。まことに歳月はすばやく巡るぞ。うーん。なんかうっとうしい気分がもう一月も続いている。ほんまにどこか体にガタきてるのか……。

調子悪い体を電車で運んで、京都の南部の井手町まで行く。「井手の玉水」という語感にひかれて行ったようなもの。まあ、多少は風情のある川(玉川)でした。

奈良時代の貴族橘諸兄の別荘があったところ。恭仁京あとの近くといえば近く。山の裏ですな。往時は山吹の群生で有名だったとか。土手に山吹はあれど花はなし。もう咲いたあとなのか……。

梅雨の晴れ間をぬって往昔を偲ぶ旅に行ったまで……。

ま、そんなこってす。(なんかしんどい)



copyright © 2005 観音巡礼歴史雑感(若井万福・独りごと) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.