FC2ブログ
4月28日ネットでいこう

衣桁衣文懸け(えもんかけ)」って知ってはりますか。昔どこの家にもあった、衣服かけです。あれが欲しくて和服屋、家具店を覗いたのですが、どこにもありません。ネットで検索したら、今でも結構売ってる所があるんですな。


(「衣文懸け」と思っていましたが、実際は「衣桁(いこう)」というのですな!「衣文懸け」は着物を懸ける真っ直ぐなものだそうです。よく、能衣装や振袖を懸けているもの。いや、勉強になりましたです)


小生まだネットショッピングしたことないのですが、昨日代引きで購入申し込みしてみました。連休前ですから連休明けぐらいに届くと、思っていましたら、なんと今朝早くに届きました。うーん。世の中の進行は速いですな。一日も経たないうちに玄関先まで品物が来るンんですから……。感心したり得心したりの連休の始まりでした。まっ、そんなこってす。

スポンサーサイト



4月14日高校同窓会

卒業してから2回目の京都のH高校、学年同窓会。うん十年目に会う人もあって、誰が誰だかわかりません。浦島太郎の心境です。「老け」ってこわいものですね。若いときの面影が残っている人もいますが、すっかりオジン、オバンになっている人もいます


高校時代の写真と見比べて納得できないほど変貌した人もいます。それに、亡くなった人も一割とか……。小生のことを思い出せない人も……。


会わ無い方が良かったのかどうか。そんな切ない逢瀬ではありました。

4月9日鞍馬寺行き

鞍馬寺まだまだパワー不足のため、霊力を受けるために久しぶりに京都北郊の鞍馬寺に行く。ケーブルに乗らずに参道を登る。本堂前で早くも息切れ。さらに奥の院を目指すも、膝が痛み出したため、魔王堂の手前、不動堂で引き返す。うーん、日ごろの運動不足で筋力が衰えているのですな。


石段を下りるときの激痛!この痛さは経験した者しか分かりません。駅の階段を下りるときも同じです。壁に寄りかかって下りました。


この鞍馬寺は平安時代に京の守りとして設営されたようですが、それよりずっと前、太古と呼ぶしかない大昔に、金星からこの山に魔王が降り立ったところです。まあ、宇宙から何かが飛来したのでしょう。大昔から聖地だった訳です。(宇宙人かもしれません)


その聖地のパワーを貰いに来たのに……、このていたらく!うーん。残念!ま、そんな、こってす。

4月5日映画「デジャヴ」見る

気晴らしに、映画館へ。「デジャヴ」を選択。幻想的な映画かと思ったが、完全なSF映画。テロで亡くなった女性を過去にさかのぼって救う、というありきたりのストリー。


「デジャヴ」とは、いつか分からないが見たことがあるという感覚を覚えること。よく、前世で見た経験を思い出すとか言われているもの。それを、過去にさかのぼるマシーンで犯人を捜し、女性を救う……という映画。それならば、現実と違う結果になってしまう。死んだ人が生き返る。そんんなアホナ。


もう少しひねってもらいたかったな。なんぼ努力しても過去は変えられないとか……。


うーん。納得いかん。     (帰ったら、浜ちゃんが待っていたが、汚れていること!寒いので洗っていませんのでうす汚れています。はやく暖かくなれ!)



4月3日神峰山寺参る

(神峰山寺の役行者(えんのぎょうじゃ)笠懸け石)


あっちへ行きこっちへ行き。猛烈に忙しかった3月が過ぎました。会合やら遊びやらで疲れました。パワーが無くなって、へろへろです。


桜見物をかねて、久しぶりに高槻の奥、神峰山寺(かぶさんじ)に行きました。


ところが、お寺の界隈には桜なし。ここは紅葉のときが一番美しいけど、桜はだめです。それに、ここは見物するところではないですから……。


山の霊気をいただいて帰ったけれど、まだパワーは回復してません。それにしても、もう一年の4分の1が過ぎ去りました。歳月の流れは、早いね……。ま、そんなこってす。

copyright © 2005 観音巡礼歴史雑感(若井万福・独りごと) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.