FC2ブログ
3月17日日本人を救う会

なまくらな会員ながら、小生も京都の「救う会」に入っておる。今日は総会ということで、顔を出した。


現在、週刊誌で「金」の問題で標的になっている人の話も聞いた。この人を悪者にするために独裁国家のシンパたちは話を作り上げて工作しているらしい。何時もながら、独裁国家のやり方にはらわた煮えくり返る思いである。 


北京でおこなわれている六か国会議で、日本は援助を表明しなければ孤立化するという評論家や議員たちは、独裁国家の回し者である。勝手に独裁国家へ出かける議員もそうである。こういう人がいるかぎり、拉致被害者は帰還できない。


  日本の経済制裁は効いている!このままずっと制裁を続けて欲しい。そんな思いを抱えて寒夜の京都を歩いた次第である。

スポンサーサイト



3月16日高台尋常小学校(大阪南堀江)

大正時代、母親は大阪の南堀江で子供時代を過ごしました。その地は大戦の戦火で跡形も無く焼けたそうです。その当時をしのぶ写真もありませんでした。ところが、ひょんなところからメールが届いて高台(たかきわ)尋常小学校の写真が届きました。 (この写真は貴重品だと思います)


その方は、私の大学の大先輩でその小学校に通われたそうです。(そんなこと全然知りませんでした)その方とは初めて親しくお話しすることができて、母親がそこに住んでいたことを知られ、この写真を送っていただいたのです。


うーん。世の中って分かりませんな。その方のことを何十年も知っていたのに、裏に隠された事実を今まで全然知らなかったのです。実は、母親は南堀江についての冊子を作るにあたって、写真を探していたのですが、見つからないままあの世に行ってしまいました。残念!


でも、人のつながりって、分かりませんな。いま、この写真を見ると、うれ悲しい、ですな。


ほんま。   …  … … ま、そんなしんみりです。


*大阪くらしの今昔館 http://ap.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/a2ab4dad47

3月10日懐旧談

相撲部1070310おっさんたち昔仲間が集まりました。まあ、遅い新年会です。と、いっても旧暦ではまだ1月です。会場はいつも「料亭つる井(西心斎橋、大阪帝国ホテル前)」に決めています。いちいち会場を探すのは面倒ですし、同じ会場なら道迷いもない。


何の会合か……。昔の夢を追いかけているのです。若い頃の……。この連中が武道関係の昔の仲間とは分かりません。上は86歳までおります。そんな人たちも70年近い昔のことを語ります。


特定の記憶は何時までも鮮やかに覚えているものです。あなたはどんな記憶を抱えて歳をかさねていますか。小生も振り返ると、子供の頃の記憶をまだ後生大事に抱えていますな。うーん。こうして皆老けて行くのです。


そして、行き着く先は……。介護施設に入る人もおりますから、ま、ちょっぴり寂しくなる集まりです。そんなことですわ。        寂しいっ!

3月1日淡路島ぶらつく

淡路島岩屋俯瞰良い天気で暖かい、ということで淡路島岩屋まで電車(明石下車)&船で行きました。島北端の岩屋の商店街がレトロな感じ」とどこかに書いていたので行ってみましたが……。


まあ、レトロ過ぎましたな。いや、レトロというより寂れたという感じ。


大橋がかかり、高速で素通りするようになってさびれたのですな。高速や橋なんて、本当に必要だったのですか!ああ、フェリーで来島した頃がなつかしい。公営の温泉に入らしてもらったり、海峡の街を夕方までぶらぶらしました。それにしても、もう三月ですナ。

copyright © 2005 観音巡礼歴史雑感(若井万福・独りごと) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.