FC2ブログ
1月30日湊川神社行き

何だか知らないが、春のようなポカポカ陽気。午後から神戸の湊川神社に出かけました。というのも、同神社の古いお守りが出てきて、自分では今まで湊川神社に行った記憶がありませんでした。これは何かの因縁と早速に出かけました。


JR神戸駅から歩いて5分。大きな門構えの神社でした。門をくぐった右手に楠正成の墓所がありました。ここでロウソクを上げる。この墓所は水戸光圀(水戸黄門)が造ったということです。


境内は結構広いでした。もうすぐ節分ですから、その準備で大忙しの様子。さぞかし、盛大な豆まきがあるんでしょうな。(ところで、関東や東北では、豆まきするんでしょうか?)


そのあと、神戸の町を彷徨しましたが、坂と山の街ですな。平坦な所に住んでる者には少し落ち着けないです。神戸に住んでも良い、と思っているのですが……。ま、そんな神戸行でした。


それにしても汗ばむ一日でした。この気候にも不安を覚えます。ウ~ん。

スポンサーサイト



1月25日初天神

初天神ということで、近場の高槻市の上宮天満宮に行く。京都の北野天神は賑わっているとテレビで言っていたが、こちらは数人に出会うだけの寂しさ。


ここは古代には野見宿禰(のみのすくね)一族が住んでいた所らしい。野見氏の子孫は土師(はじ)氏で菅原道真は土師氏の出身だから、野見氏の故地に天満宮をが造られたということらしい。もちろん、道真の死後の話である。


急傾斜の斜面の上に神社があり、途中に野見宿禰の墳墓(野見神社)がある。またここは山崎合戦の折、秀吉が陣を構えたとも言われている。  


まあ、そんな天満宮ですが、さみしい初天神でした


(なお、少し離れた高槻城の跡地に野見神社があり、一般には野見神社といえば、こちらをさす。念のため……)

1月17日「硫黄島からの手紙」鑑賞

本日雨。明け方に上がるという予報ははずれ!しとしと降ったり止んだりの一日。夕方に映画に行く。あまり見たくない映画ですが、評判が良いので見る。やっぱり私には生々しい映画でした。しかし、映画としては良くできていました


とくに、助演のk宮本,?二宮(?)が秀逸でした。k渡辺より存在感がありました。素人らしさが良かったです。アカデミー助演で評価がでるのと違いますか。


ま、そんな映画でした。

1月9日西宮宵えびす


早いもので、もう「えびっさん」や。今年は西宮に行きました。阪神の西宮からお宮までえらい沢山の屋台店が出てましたわ。通りの両側に二列づつやからたいしたもんです。境内の中にも屋台で、ものすごい人ごみ。やっとこさ本殿の前に行って、賽銭放り込んで「あん」したら終わりです。 


 日本人の「神参り」て、なんでっしゃろか。本殿の前で手を合わす時間って、一分もかかりません。これでええんやろかな。まあ、私は健康維持のために寺社参りしてるんですが……。それにしても、「恵比寿」参りの雰囲気は土地によって違いまんな。去年は京都に行きましたが、ちょっと優雅な雰囲気がありました。京都ではカレンダーや暦を売ってる屋台が沢山ありましたが、西宮では一軒だけ。西宮では、座らせてうどんやお好み焼きを食べさせるところが多かったです。


今日はニュースで西宮の「福男」をやっていましたが、あれは邪道でしょう。あんなもんいりません。ニュースで「伝統の行事」なんて言っていましたが、昔はあんなもんありません。


ずっと昔、祖母と西宮神社に参ったときは、「えびっさんは耳が遠いから」と、本殿の裏に回って本殿の裏壁を叩いて「今年もよろしゅう頼んまっせ」と大声で言ったもんです。あんな光景もなくなりましたなあ……。

1月3日大和郡山めた神社行き

大和郡山の親戚に行ったついでに、本日午後めた神社(売太神社)」に参る。稗田町に鎮座する古刹。ひえだのアレイ……といえば、そう、古事記。稗田の阿礼が暗誦した歴史を書きとめたのが古事記といわれている。うーん、古代の現場に行った感慨である。参拝者も少なく、古刹の趣き充分……。最近では暗記の神様とあがめられている阿礼であるらしい。暗記コンテストもおこなわれているようだ。


メタ神社の後、龍田大社、信貴山朝護孫子寺にも行く。どちらも人の波。とくに信貴山は大賑わい。商売、勝負の寺として人気があるのやね。


それにしても、今年の正月は沢山の寺社に参ったもんだ。これで、ことしの幸運間違いなし。(ほんま!)

初詣(須磨寺、中山寺、天満天神)

須磨寺はじめは須磨浦の初日の出を拝む積りでしたが、曇天ということでゆっくり出発。しかし車中から見る空は晴れ。ありゃりゃ、……。


須磨駅から須磨寺を目指す。案外に人出なし。8時ごろに参道に入る。空いている。敦盛の首塚など拝む。(敦盛の胴は須磨浦に葬ったらしい)境内には「青葉の笛」やシベリヤ抑留者の慰霊碑の「異国の丘」など音の出る仕掛けがある。お寺もいろいろ工夫してるのやね。ここは須磨大師とよばれる真言の寺という。


須磨海岸に出て海を眺める。好天の下、海は穏やか。釣り人もちらほら。釣りをしても良かった……。ちょっぴりスケベ心も湧く


思い直して中山寺を目指す。須磨から直通で行けるのがうれしい。10時頃に到着。中山寺の参道は人の波。須磨寺と大違い。ここも大師所縁らしい。
さらに、東西線で天満天神をめざす。ここからも直通で行けるのがうれしい。しかし天満の天神さんは大群衆で埋まっている。拝殿にも近づけない。(アホくさ)


仕方なく遠くから拝み、近くの蕎麦屋でざる蕎麦を食って家路に着いた。ま、こんな初詣でした。今年もこんなおっちゃんですが、お付き合いください。宜しく。

copyright © 2005 観音巡礼歴史雑感(若井万福・独りごと) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.