FC2ブログ
11月24日神峰山寺行き


秋冷の候、ともいうべき日。もみじ探勝のために、高槻市の神峰山寺(かぶさんじ)に行く。山岳仏教の佇まいを見せる寺である。往時はさぞ隆盛であったと思われるが、今はもみじと桜の季節しか賑わいを見せない寺であろう。ただ、昨年であったか、熊野古道の世界遺産選定にあわせて、役行者(えんのぎょうじゃ)所縁の三十寺ほどがここに集まってシンポジウムがあった。小生も覗いたが、そのときは盛況であった。 ♦♦♦


それはともかく、参道の道すがらには役行者の修行場の葛城山をのぞむ遥拝所もあり、一応そちらの方向をむいて拝む。


息を切らせて山門まで来るとすばらしい紅葉が鑑賞できた。霊気をいただき、もみじを堪能する。帰りに森林組合の温泉(樫田温泉)に寄る。京都市と亀岡市に接する旧丹波の地で、戦後に高槻市に編入された「田能(たのう)」という地区。温泉ができた十五年ほど前は盛況であったが、今は各地に大型銭湯ができて、少しさみしくなった。それだけに、ゆっくり浸かれる温泉である。穴場温泉としてお勧めしたい。


ま、そんなことです。

スポンサーサイト



11月17日柳谷観音参詣


17日の観音さんご命日、快晴の参詣日和です。長岡京市の楊谷寺に行く。山はもう紅葉していました。もう冬やね。今年ももうすぐ終わり。また歳を取るんですな。


今日はどういう加減か、参詣者が多い。それも年寄りの女性が多い。独鈷水をいただくのも、沢山並んでいて皆さん動作が遅い……。


沢山の参詣人ですが、来年にはその姿を見られない人もいるのですな。(それは、私かもしれない…… )。年末が近づいて、越し方行く末をいろいろ考えるようになりましたな。

11月9日海洋釣堀行き


奈良のA氏と和歌山マリーナシティの海洋釣堀に行く。マグロが釣れると評判になっている釣堀でしたが、よく釣れる場所は常連が占拠していてボウズでした。ボウズの人は夕方に生簀で鯛を釣らしてくれます。しかしは高い入場料の割には成果無く、残念!


実は10月末にも独りで須磨の海釣り公園に行っていまして、そのときも6時間やってボウズ。暗くなったらせめて太刀魚ぐらいと思っていたのが当て外れ。もう今年は釣りをしないと思ったものですが、また行ってしまいました


お情けで釣らしてもらった鯛を持ってしょんぼり帰りましら、魚の匂いがするのでしょうな、浜ちゃんは笑顔でお出迎え。


「お帰んなさい」って言うじゃない!おみやげ少なくてすんまへん。残念!

11月7日「父親たちの星条旗」鑑賞
上質の映画でした。クリントイーストウッドもこんな映画を作るのですね。大したものです。しかし、小生の親たち世代の話ですから、なんか生々しいのですね。戦争の匂いを嗅ぐようで……。若い人はこの映画をどう感じるのですかね……。
11月4日立木観音参詣

立木観音
昔、父母が参っていた立木観音ですが、小生どこにあるのか知らずにおりました。


先日テレビでタレントが参っているのが映りました。滋賀県の瀬田川畔で大津と宇治の中間でした。早速に本日出かけました。700段の階段ということで、覚悟して行きましたが、二十分ほどで上れました。ここも弘法大師の開基で、鹿に導かれて霊木を見つけ、その木で観音像を彫ったということです。厄除けで知られているらしいですが、大殺界の最終年である小生の厄も、今日落とした?と思います。


昔、宇治川ラインという船下りがあったことや、瀬田川で釣りをしたことどもを思い出しましたですな。あっ、立木観音というのは通称で、安養寺という寺名です。皆さんも厄除けに「行っとうみやす」JR石山駅からバス20分ほどで「立木観音前」に着きます。まあ、そういうこってす。


(楽勝で登った階段ですが、帰りの駅の階段では足がくがくでした)

copyright © 2005 観音巡礼歴史雑感(若井万福・独りごと) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.